CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED SITE
T'S RESORT
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
T'S RESORTの身近な話題をお届けするblog
トニー・ベネット
 

現在聴きまくってるのが、トニー・ベネットのデュエット集、

去年出たばかりの「Duets 供廖

今年でなんと86歳のトニー・ベネット。

約20曲入ってて、ひとつもハズレなしの名アルバムです。




ルックスもイイ!引退したイタリアンマフィアみたいで。。
| エンタばなし | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ディーン・マーティン
 

秋には秋の音楽を、と思い昨日ちょいと引っ張り出したのが
、いまは亡きディーン・マーティンのCD。
改めて観ると、カッコいいですネ、ちょっとマフィアっぽくて・・。

酒と女、というイメージがぴったりのディーン・マーティン。
いつもウイスキーグラス片手に、美女の腰に手をまわし、
ノンシャラン(いい意味で、鼻歌のように)に歌う感じが、
しびれます。
だけど、よくよく歌を聴いてみると上手い、実に上手い!(
ボクがえらそうに言うのもなんだけど・・・。)
このリラックス感は、何度聴いてもあきない。

日本のCD屋さん、もっとディーン・マーティンのCDを置いて
くれませんか。。
| エンタばなし | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
B.B
 

二週連続で、ブリジット・バルドー(B.B)の初期の頃の
映画を堪能した。
もうまさに小悪魔。 周りの男たちを次々に虜にしちゃう
役がピッタリ適役だった。
当時、もし自分がオンタイムで観てたら、間違いなく
ハマッテしまっていたでしょう。 間違いなし!
| エンタばなし | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「赤版」、 「青版」
 ひょんな事がきっかけで、ビートルズの
通称「赤版」、「青版」を改めて聴いた。30年ぶりくらい・・か。



一曲が短いっ。前奏・間奏があまりなく、シンプル。
(特に、初期のころ) そこがイイ!。

いろいろな通な意見はあると思いますが、僕自身は
この初期の、特に「赤版」の一枚目あたりがいい。
聴いてて楽しくなるし。

だけど、一番のお気に入りといえば、解散間近の曲、
「THE LONG AND WINDING ROAD」なんですけどね・・・。
| エンタばなし | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「華麗なる賭け」
 久々に、映画「華麗なる賭け」('68)を堪能しました。
ファッションを生業とする自分ですが、そういう意味では
最も影響を受けた作品。ストーリーは別として・・・。



劇中のファッションはもちろん、チェスやポロ競技、自家用飛行機
、高級車やサンドバギーで疾走するシーンなどなど、いろいろな
大人遊びも魅せてくれます。


何となく、ルパン三世のファーストシリーズをもうちょっと
お洒落に、そしてシリアスにした感じだろうか。
夜、一杯呑りながら観るのに最高の一本です。
| エンタばなし | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
巴里のアメリカ人

又、今夜も素敵なBS名画でちょっと夜更かし
させてもらった。
ジーンケリーの「巴里のアメリカ人」'51。



ダンスも含めた2大エンターテイナーといえば、
フレッド・アステアとこのジーン・ケリー。

アステアがスマートで軽快なのに対して、G・ケリー
はストレートで力強い。また、前者が粋でお洒落なら、
後者は陽気で大胆。っといった感じ。
ウーン、甲乙付け難い・・・。

どちらも、何とも後味がいいのは間違いない。。

| エンタばなし | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
脳内モルヒネ出まくり。
 

行って来ました、永ちゃん武道館ライブ、初日。

とにかく元気をくれるパワフルな61歳。

元気をもらいに、みんな行くんだよね。
| エンタばなし | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
ナイス・ボギー

夕べ、もう眼がトロ〜ンとしだした頃チャンネル
替えたら、これが始まっちゃって・・・。
映画「カサブランカ」。いやいやこれはシビレます。



結局最後まで観ちゃいました。

モノクロ画面と、何とも浮世離れした設定で、グイグイと
その世界に引き込まれてしまいます。

あまりにも有名なラストの台詞。
「Here's looking at you kid」 (君の瞳に乾杯)
この別れのシーンだけでも観る価値有りです。

こんなキザなセリフが似合うのはハンフリー・ボガート
(ボギー)しかいないでしょう。

あと、トレンチコートの着こなしは、是非参考にしたいとこ
ですが、ハードル高すぎるなぁ・・・。

| エンタばなし | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サッチモ
 かなり久〜しぶりにサッチモ(ルイ・アームストロング)
のCDを購入。



もう、うまいヘタとか、テクニックがどうのとか、理屈を
超えている。とにかくあったかい気持ちにさせてくれる
稀有なアーティスト。

最後にサッチモの写真で一番好きなヤツを紹介します。

| エンタばなし | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋はフォークだ。


 秋になると、カーオーディオではフォークソングが
聴きたくなる。毎年。
夏には、サザンに永ちゃん・・。冬は、ユーミンにジャズ
ヴォーカルあたり。

季節によってもあるけど、場所によってもある。
例えば、京都みたいな城下町には、ジャズやスタンダード
ナンバーなんかががとても合うと思う。

"秋にフォーク"・・・、なんでだろうと考えました処、答えは
見つからない。理屈じゃないんダナこれは。

もう明日から11月ですね。  早い、早い。。
| エンタばなし | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事